MEDICAL

小児歯科

*

*

やさしく丁寧な診療で
お子さまの気持ちを優先します
小さな頃から歯科の定期検診へ通う習慣をつけることで、お子さまのお口の健康を先々まで守ることができます。
お子さまに「楽しい!また行きたい!」というプラスのイメージを持っていただけるよう、
宝塚ライフ歯科・矯正歯科ではお子さまの気持ちに寄り添う小児歯科医療と、通いやすい医院づくりに努めています。

当院の小児歯科治療の目的

*

ご家族とともにお子さまの成長をサポート
当院の小児歯科では、お子さまの健康を生涯守り続けて行くこと、年を重ねても「健康な歯」という財産を残すことを目的としております。
歯が生え始める乳幼児期から永久歯列が完成する中学生まで、お子さま一人ひとりの成長や発達、歯や歯並びを、ご家族と共に長期間にわたって見守り継続的に管理することで、段階毎に適した治療・ケアを行います。
ご家族とともにお子さまの将来を見据え、お口はもちろん、心身の健康をサポートをすることに努めております。

お子さまが
歯医者を嫌わないように

*

お子さまの気持ちを第一に考えて
「子どもの頃に怖い思いをしたから歯医者は苦手だ」と、大人になってからも歯科医院への通院・受診を苦痛に感じ、足が遠のいてしまっている方は多くいらっしゃいます。だからこそ、お口の健康を長期にわたって支えるためにも、子どもの頃に歯科医院が嫌われないような配慮が必要になります。
小さなお子さまの治療はできるだけ早く終わらせられるように、初めての治療に不安を感じているお子さまはすぐに治療に取り掛からずに診療器具や歯医者さんに慣れてもらうところから開始するなど、年齢や治療の状況、お子さま一人ひとりの気持ちに合わせた診療と、一層やさしく丁寧な対応を心がけるほか、自発的にお口や歯に興味を持てるように工夫しております。
また、ご家族が安心してお子さまを連れてこられるよう、医院づくりなどのファミリーサポートも充実させております。
お子さまが楽しく通える
医院づくりFOR FAMILY

宝塚ライフ歯科・矯正歯科では「歯医者に行く」と聞いて、
お子さまが笑顔になってもらえる歯科医院を目指しております。
保育士による無料託児や、豊富なおもちゃで広々遊べるキッズルーム、
待合室横のキッズコーナー、などをご用意しました。

  • *

    広々遊べる
    ライフキッズルーム

  • *

    退屈せずに待てる
    キッズコーナー

  • *

    保育士による
    無料託児サービス

  • *

    診療中の家族と入れる
    ファミリールーム

その他にも、フッ素塗布の無料実施、メンバー限定イベントへの参加などの特典が受けられる
キッズクラブ「ライフキッズ」で、お子さまのやる気をサポートします。

ライフキッズ 参加費・年会費無料 対象年齢小学6年生まで

保護者の方へのお願い

お子さまの気持ちをサポート

「歯みがきしないと歯医者さんに怒られるよ」「歯医者さんで注射するよ」など、歯医者=怖い・痛いと言うイメージを与えてしまうようなマイナスな言葉は、日頃から言わないようにしてください。
また、歯科治療は大人にとっては平気なことですが、子どもにとってはとても大変なことです。治療後はたくさん褒めてあげ、お子さまの気持ちをサポートしましょう。

お子さまの
「今とこれからの健康」のために

*

虫歯になりにくいお口づくりに取り組みましょう
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で虫歯菌はありませんが、虫歯菌を持っている周囲の大人からのキスや、噛み砕いた食事を与えるなどのスキンシップを通して、お子さまが虫歯に感染してしまいます。
しかし、無菌状態をより長く保ち虫歯菌への感染時期を遅らせることで、将来虫歯ができにくくなるという報告があります。
将来のお子さまのお口の健康を守るためにも、虫歯に感染しないような対策を実践しましょう。
お子さまを
虫歯から守るためのポイント
  • *
    感染源の除去
    お子さまに一番身近な存在であるご両親から、スキンシップをはかる周囲の大人まで、お口を清潔・健康な状態に保ち感染源にならないよう配慮することが大切です。
    虫歯がある方は治療することはもちろん、虫歯がない方も毎日の歯みがきを欠かさずに、定期的に歯科医院でのケア・クリーニングを受けるようにしましょう。
  • *
    感染経路の遮断
    お子さまと安全なスキンシップを行うためにも、虫歯の原因になるミュータンス菌を弱らせ、数を減らす効果のある「キシリトール」の活用をおすすめしております。
    その中でもキシリトール配合のガムは、噛むことで虫歯への抵抗力を持つ「唾液」の量を増やすことができるため、一石二鳥の効果を得られます。
    無糖、糖類0g、シュガーレスなどの表示がある製品を利用しましょう。
  • 抵抗力の強化
    お子さまの歯は歯質が弱く免疫力が低いため、抵抗力の強化をして守っていきましょう。
    歯科医院で歯みがき指導や歯の溝を埋めるシーラント填塞を受けたり、フッ化物(フッ素塗布)などを活用し、歯質を強化しましょう。
    • *

      歯みがき指導

    • *

      シーラント填塞

    • *

      フッ化物の活用

さらに、宝塚ライフ歯科・矯正歯科ではキッチンスタジオを完備し、
食育指導やセミナーなど「食」に関する知識を深めてより健やかな成長へ導けるようお手伝いいたします。

ライフキッチン 管理栄養士によるセミナー開催

歯の生え変わりの時期の注意点

*

すぐに生え変わるから乳歯は虫歯でも大丈夫、
その考えは大きな間違いです!
すぐに生え変わる乳歯が、なぜ生えるのかご存知でしょうか?
乳歯には丈夫な永久歯が正しい位置に生えるように顎の骨や正しい噛み合わせをつくる準備や、永久歯が入りきらないお子さまの小さなお口の中で、知能の発達を支えると言う大きな役割があります。つまり、乳歯が虫歯になってしまうと、今後の口腔環境や成長を阻害してしまう危険性があるのです。
また、1本の乳歯が虫歯になっただけでも感染症である虫歯の菌はお口全体に広がってしまうため、抵抗力の弱い新しい永久歯が虫歯になるリスクが高くなってしまいます。

*

生えたばかりの永久歯はとてもデリケート
乳歯と永久歯が混在する生え変わりの時期は、歯の大きさや高さの違いから必然的に歯並びがでこぼこになってしまうため、歯みがきがしにくく、お口のケアが十分にできていないことが多いです。さらに生えたての永久歯は表面が粗く汚れが付きやすく、抵抗力も低いため、とてもデリケートで虫歯になりやすいです。だからこそ、歯科医院にてプロによるケアを受けたり、ご自宅でのケア方法を再確認していただくことをお勧めしております。
永久歯がなかなか生えない、乳歯が抜けない、などのこの時期特有のトラブルもあります。歯の生え替わりの時期を把握して、大切なお子さまのお口のケアを細心の注意を払って行いましょう。

MEDICAL

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る