MEDICAL

スポーツ
マウスガード

*

*

スポーツによる
歯の破折お口のケガ
防ぐために
スポーツマウスガード(スポーツマウスピース)とはスポーツ中に口内にはめていただくマウスピースのことで、
スポーツ中のケガやトラブルの予防、踏ん張り=強い力での食いしばりによる歯へのダメージを軽減させます。
最近では着用を義務化するスポーツも増え、多くのアスリートに愛用されるようになりました。
宝塚ライフ歯科・矯正歯科でも、一人ひとりに最適なオーダーメイドのスポーツマウスガードをご提供しています。

スポーツマウスガードの
装着義務と目的

装着の義務(一部含む)/推奨
※マウスガード装着については、
競技によって禁止されている場合もございます。
詳細は各競技団体にお問い合わせください。
義務化/一部義務化
  • ・ ボクシング
  • ・ ラグビー
  • ・ キックボクシング
  • ・ アメリカンフットボール
  •  
  • ・ 空手(流派による)
  • ・ アイスホッケー(37歳以下)
  • ・ ラクロス(女子のみ)
  • ・ インラインホッケー(20歳以下)
装着が安全
  • ・ サッカー
  • ・ 野球
  • ・ 柔道
  • ・ テニス
  • ・ スケート
  • ・ 相撲
  • ・ スケートボード
  • ・ バスケット
  • ・ バレーボール
  • ・ バトミントン
  • ・ スキー
  • ・ ソフトボール
  • ・ 水球
  • ・ ハンドボール
  • ・ 自転車競技
  • ・ レスリング
  • ・ ウエイトリティング
  • ・ スノーボード
  • ・ スカッシュ など
マウスガード
(マウスピース)の効果
  • *

    スポーツ中の
    歯の破折の予防

  • *

    歯による、唇や頬、
    舌などへの
    ケガの予防

  • *

    脳しんとうの
    予防

  • *

    顎の骨のケガや
    顎関節障害の
    予防

  • *

    歯が相手にあたり
    傷つけてしまう
    ことを防ぐ

  • *

    などなど…

しかし、
不適合なマウスピースでは
十分な効果が発揮されません!
  • プレー中も噛みしめていないと落ちてくる
  • 過剰(不均衡)な筋緊張/集中力の低下
  • パフォーマンスの低下

宝塚ライフ歯科・矯正歯科では、一人ひとりに最適なオーダーメイドのスポーツマウスガードをご提供しています。

当院のスポーツマウスガード

*

オーダーメイドで、一人ひとりに
最適なマウスピースを作製
宝塚ライフ歯科・矯正歯科では、皆さまにより長く、より安全に、遺憾なく実力を発揮してスポーツを楽しんでいただけるように、既製品のマウスピースではなく、一人ひとりのお口の環境、年齢、用途、費用に応じてオーダーメイドするマウスピースをご提供しています。
日本スポーツ歯科医学会認定マウスガード講習会を受講した歯科医師によって作製・微調整していますので、違和感なくしっかり噛める、ご自身の歯にフィットしたマウスガードをご利用いただけます。興味のある方はお気軽にご相談ください。
市販と、医院で作る
マウスピースの違い
  • 適合の良いマウスピースを作ることができる
    既製品では加味されない、一人ひとり異なる歯や顎のサイズ・形状などの口腔環境を、検査や歯型模型によって把握した上で作製するため、使用中も落ちてくることなく・しゃべりやすい、ピッタリ合うマウスピースにできます。
    装着したまま水分補給もでき、歯がピッタリ覆われていることで、糖分が含まれるスポーツドリンクによる虫歯の予防も期待できます。
  • 口蓋側(裏側)を可能な限り小さくすることができる
    前述の通り一人ひとりの口腔環境に沿って作製できるため、既製品のような余剰分がなく、マウスピースを口腔内に維持するための部分を極力小さくすることができます。それにより、市販と比べて装着時の違和感が少なく、呼吸や会話もしやすい傾向にあります。
  • 咬合調整ができる
    力を入れたり踏ん張る時には、自然と歯を食いしばりますよね。そこで合わないマウスピースを使用しているとうまく食い縛ることができず、本来の力・パフォーマンスを充分発揮できない可能性も…
    咬み合わせも考えて作られているオーダーメイドのマウスガードであれば、力の負荷を偏らせることなく顎全体に分散してしっかり食いしばることができ、自身の本来の力を引き出しやすいです。
  • 歪んできたときに早めに対処できる
    市販のものが歪んだり壊れたら、買い直したり・修理に時間がかかることがほとんどだと思います。
    一方、歯科医院で作られたマウスガードであれば、程度にもよりますが比較的すぐに調整対応できます。

スポーツマウスガード
作製の流れ

  • *
    精密な検査・型取り
    宝塚ライフ歯科・矯正歯科では患者さまに最適なマウスガードを作製するために、まずは精密な検査を行うことで、土台となる患者さま自身の歯に治療しておくべき虫歯や問題点がないか確認し、現在のお口の状態をしっかり把握します。
    また歯の型取りを行い、それをもとにマウスガードを装着するための歯型模型を作製します。
    1
  • *
    マウスピース作製
    患者さまの口内を忠実に再現した歯型模型を専用器具にセットし、患者さまの口腔環境に適した厚さのジェルパットを吸着させてマウスピース(マウスガード)を作製します。
    咬み合わせ・顎の動きも確認し、必要に応じて細かく調整していきます。
    2
  • *
    調整後お渡し、定期検診
    完成したマウスガードをご試着いただいて最終調整を行い、お渡しとなります。ご試着にあたり、お口に違和感を感じたり装着に関する疑問などがありましたら、お気軽にお申し付けください。その後は、継続使用によりマウスガードに歪み・緩みが生じていないかの確認や、マウスガードを使い続ける上でも重要な、歯そのものを健康に保つための定期検診の受診をお勧めします。
    3
スポーツマウスガードご利用の際の注意事項
  • 使用後はキレイに清掃して保管してください。
    熱に弱いため、熱いお湯のご使用は避けましょう。また高温な場所に放置しないでください。
  • 長時間持続しての装着は避けましょう。
  • 装着時に違和感がある場合は、調整に来院してください。
  • 定期的に緩みや磨耗がないかチェックを受けに来院してください。
    半永久的に使えるものではありません。

MEDICAL

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る