MEDICAL

歯周病治療

*

*

歯を失う原因の第1位、
全身疾患にも影響する歯周病
歯周病は、細菌によりもたらされる歯の周辺組織(歯肉や歯槽骨など)の感染症です。
歯を失う原因第1位でもあり、糖尿病や心臓病などの全身疾患にも影響を及ぼす恐ろしい病気で
現在、日本人の30〜40代の約80%以上が歯周病にかかっていると言われています。

知らないうちに進行する歯周病

歯石と歯垢がたまり、歯槽骨で歯を支えられずグラグラに…

気付かない間に手遅れになることも…
歯周病は認知度が高く、日本人にとって身近なお口の病気の1つです。
そのため軽視されがちですが、「サイレントキラー(静かな殺し屋)」とも呼ばれている、大変恐ろしい病気であることはご存知でしょうか?
歯周病は、細菌がお口の中に定着することで歯茎が赤く腫れる炎症「歯肉炎」から始まります。症状が悪化しないと痛みがでないため、初期の段階では気付かないことがほとんどです。しかし、歯周病は感染症なので、1本の歯だけにとどまらずお口の中で広がり、歯ぐきやあごの骨(歯槽骨)などの歯周組織を破壊しながら静かに悪化していき、気付いた頃には抜歯しなければならない段階まで手遅れになっていることも…
CHECK
「歯周病とは無縁」と思っている方も
歯周病の症状をチェック
  • 自分の口臭が気になる

  • 歯間に食べ物などが詰まりやすい

  • 寝起きに口の中がネバネバしている

  • 歯が動揺する、浮いているような気がする

  • 歯ぐきから膿が出たり、赤く腫れている

  • 歯みがきすると血が出てくる

  • 硬いものが噛みにくく、噛むと痛む

  • 以前よりも歯ぐきが下がったように見える

一つでも当てはまる方は、ぜひ一度歯科医院へお越しください!

全身疾患との関係性

お口の健康が全身の健康に影響する

歯周病は全身の病気と深く関係します
歯を抜け落とす歯周病ですが、その恐ろしさはお口の中だけにとどまりません。歯周病菌は血流などにのって全身を回ってしまうことがあり、糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・早産などを引き起こす原因にもなる、大変危険な病気なのです。
また、歯周病に限ったことではありませんが、歯を全て失ってしまった人は抑うつになるリスクを高めるとも言われています。
歯科疾患を軽く考えることは危険です。しかし、お口のケアやメインテナンスによって予防することができます。心身の健康を守るためにも、お口の健康状態を維持しましょう。
  • 糖尿病
    糖尿病を抱える方は歯肉炎や歯周炎になっている方が多い傾向があり、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという調査報告があります。そのことから、ともに「生活習慣病」である歯周病と糖尿病の関係は特に密接だということがわかります。
    逆に、糖尿病の治療で歯周病が、歯周病の治療で糖尿病が改善されるという相互関係にもあるのです。
  • 早産・低体重児出産
    妊婦さんが歯周病の場合、歯周病菌が血中に入って胎盤を刺激し、胎児の成長を阻害したり、子宮の収縮を促すことで、早産や低体重児を引き起こすリスクが高くなります。その危険率はアルコールやタバコ、高齢出産などよりもはるかに高く、7倍にも及びます。
    母子ともに安全な出産で元気な赤ちゃんを迎えるために、歯周病予防や治療に妊娠前・妊娠中から取り組みましょう。
  • 動脈硬化・心臓疾患
    歯周病菌などの細菌が血管に入り込む際に起こる刺激によって、動脈硬化を起こす物質が発生すると言われています。
    そしてその刺激で血管内に沈着物が作られ、血液の通り道が細くなってしまうことから、心臓疾患を引き起こすリスクも上げると言われています。
    このように、歯周病の放置は命にも関わる循環器へも悪影響を及ぼす危険性があります。

歯周病の治療について

  • *

    軽度歯周病(歯肉炎・歯周炎)の場合…
    スケーリング
    歯周病の原因となる菌を含んだ歯垢(プラーク)は石灰化することで歯石になります。歯石は通常の歯みがきでは除去できないため、歯や根元に付着した歯垢や歯石をスケーラーと言う器具を用いて徹底的にきれいにしていく必要があり、その処置をスケーリング(歯石取り)と言います。
    スケーリングはお口のクリーニングだけでなく、歯周病の発生や悪化を予防する効果もあります。
  • *

    中度歯周病(歯周炎)の場合…
    ルートプレーニング
    中度まで進行してしまった歯周病は、歯ぐきの奥に隠れた見えない歯の根(ルート)にまで歯垢や歯石が付着しています。そのようになってしまうとスケーリングだけでは除去しきれないため、ルートプレーニングという治療も併せて行い、歯垢や歯石、歯周病菌に感染した歯質などを特殊な器具を用いて除去していきます。
    ルートプレーニング後は歯や歯の根の表面もツルツルになるため、歯垢や歯石などの再付着の予防にも繋がります。
  • *

    重度歯周病(歯周炎)の場合…
    歯周外科治療
    スケーリングやルートプレーニングで汚れを除去しても状態が改善されないほど進行してしまった歯周病は、歯周外科治療を行うことがあります。
    歯ぐきを切開して歯周ポケットの深部まで及んでいた歯垢や歯石を取り除いたり、歯周組織再生治療で歯周病により溶けてしまった骨の回復を行うなど、外科的な処置を施します。
  • *

    薬で治す…
    歯周内科治療
    歯周外科とは反対に、薬によって歯周病の原因となる菌を除去する治療法を「歯周内科治療」と言います。
    事前の検査によって患者さまのお口の菌の状態を確認し、歯周病の原因である菌を特定した上で、適した除去薬を処方しております。
歯周病には
予防が一番効果的

まずは予防、なってしまったら早めに治療を!!

歯周病にはさまざまな高度治療がありますが、「予防」して歯周病にならないことが余計な負担をかける必要がない、一番効果的な治療と言えます。
毎日のブラッシングでしっかりと歯垢を取り除き、残ってしまった歯垢を石のように固い歯石にさせないためにも、少なくとも半年に1回は定期検診にお越しください。
歯石除去と歯の健康チェック、正しいブラッシング指導で歯周病を予防しましょう。

MEDICAL

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る