MEDICAL

根管治療

*

*

細菌が感染してしまった
歯の根
きれいに掃除する治療
歯の根の中にはとても細い管があり、その管には神経や血管が入っています。これを根管(こんかん)と言います。
根管のトラブル、神経にまで進行した虫歯、事故による破折で神経にまで影響がある場合などは、根管内の治療が必要になります。
歯という小さな部位の、さらに奥。的確で精密な治療を行えるよう、充実の設備・材料を揃えて治療にあたります。

根管治療とは

*

”歯の中”の精密な治療
歯科医院で「歯の神経まで虫歯が進行している」と言われた経験がある方もいるのではないでしょうか。
歯の根の中には「根管(こんかん)」と言われる、神経や血管が入っているとても細い管があり、この根管が虫歯による細菌感染を受けたり、既に神経のない歯でも根の先端にまで感染が及んだりすると酷い痛みや腫れが生じてしまうため、根管をきれいに掃除して感染物質を除去する必要があります。
そういった歯の根の治療を「根管治療」と呼びます。
CHECK
その症状、根管治療が必要かも?
根管の症状をチェック
  • 虫歯が進行して、痛みが強い
    虫歯が神経(歯髄)にまで進行すると、歯がしみたり痛んだりします。そうなると細菌に感染した神経を取る処置=抜髄(ばつずい)をする必要があります。
  • 歯を噛んだ時に痛むようになった
    虫歯の進行度や、打撲などで歯を強く打ち付けることで、神経が死んでしまうことがあります。その死んだ神経が腐ってしまい、細菌が根の先まで達して細菌感染すると、噛んだ時に痛みが出ます。
  • 歯茎に膿が溜まっている、腫れて痛い
    歯の神経が死んでできた空洞に細菌が繁殖すると、膿の袋ができます。特に初期症状はありませんが、体の抵抗力が落ちると腫れがひどくなり、痛みが出ることがあります。蓄膿症の原因になる場合も。
  • 歯茎に白いできものができた
    歯茎にできる白いニキビのようなできものは、歯の根の先に溜まった膿が出てきたものです。膿を出すことで一時的になくなりますが、溜まると繰り返し出てきます。膿は臭いため、それが口臭の原因になることも。

上記以外にも気になる症状があれば、
お気軽にご相談ください。

なぜ根管治療が必要なのか

*

根管治療とは、歯を長持ちさせるための基礎工事
歯の根(根管)は、歯を支えるための土台=基礎です。建物に例えるとどんなに立派な建物でも基礎がしっかりできていなければすぐに崩壊してしまいます。
歯も同様で、土台である歯根がしっかりしていなければ、立派な被せ物を作ってもすぐに外れたり壊れたりといった残念な結果に…。まずは土台をしっかり整えた上で、歯科治療を進めることが重要です。
マイクロスコープを用いた
精密な根管治療を実現
根管はとても細く複雑な構造です。根管内から汚染された神経や血管を完全に除去する治療には高度な技術が求められます。根管内に細菌が残ってしまうと、再治療が必要になり患者さまに負担がかかってしまいます。
宝塚ライフ歯科・矯正歯科では、肉眼の約6〜40倍視野を拡大できるマイクロスコープを用いて根管内を拡大し、今まで見えなかった細部まできっちりと確認することで、より精度の高い治療を行ってまいります。
*

「MTAセメント」で
歯の神経を守るための治療

*

MTAセメントとは
MTAセメントとは、根管内の感染部位を除去した後の穴に詰める、生体親和性に優れた歯科用の水硬性セメントです。虫歯の穴だけでなく、歯から骨に抜ける穴を埋めるのにも有効な材料です。
歯の神経を守るための新しい治療法として日本では2007年に覆髄材としてのみ薬事認可されました。
MTAセメントは虫歯が歯髄に達しても歯の神経が生きている場合、神経を残したまま治療でき、さらに封鎖性と殺菌性に優れているため、二次カリエス(虫歯の再発)のリスクを格段に抑えることができます。

抜歯のリスク

歯の神経をできるだけ残したい理由
歯にはそれぞれ一般的に「神経」と呼ばれる歯髄が存在しています。むし歯で歯質を突き抜け神経に届いてしまうと、通常の歯科治療では「抜髄」という歯の神経を抜く処置を行わなければなりません。
神経が抜かれた歯は「失活歯」と呼ばれ「生活歯(神経のある健康な歯)」と比べ歯が脆くなり、数年後に抜けてしまったり、治療をしていても突然割れてしまうなど、歯の寿命や耐久性、感染に対する抵抗力が大きく異なります。
歯を残すためにはできるだけ歯の神経を残すことが重要で、MTAセメントはその可能性を広げます。
MTAセメントで
歯の神経を守ります
歯髄を取る抜髄ではなく、一部のみを除去し生活反応のある歯髄を残す「断髄」で、むし歯が進行したところまでの組織を取り除きMTAセメントで蓋をします。
症例によりますが、MTAの殺菌・封鎖性により再発を防ぎ、神経の生活反応を残したまま保存することができます。
*
MTAセメントのメリット
  • 治療回数が短くなります
    歯の根の治療期間は1〜3ヶ月程度かかることもありますが、MTAセメントを使用することにより治療回数が短くなります。
  • 歯の寿命が長くなります
    歯の神経を残すことで、歯の神経が抜かれた場合に比べて歯の寿命は長くなります。
    さらに、成分に含まれるカルシウムイオンの放出により、周辺の歯質の再生も促進させる働きがあります。
  • 二次カリエスのリスクを低くする
    MTAセメントには殺菌効果があり、かつ詰めた後にわずかに膨張しながら硬化するため細菌が隙間から侵入する心配が無く、二次カリエス(虫歯の再発)の可能性が低くなります。
MTAセメントによる治療が困難な
場合もあります

MTAセメントによる治療が可能な目安は自発痛(何もしていないときもズキズキ痛む)があるかどうかが一つの目安です。
全ての症状においてMTAセメントが使用できるわけではく、歯を削り、むし歯を取り除いてみて治療が可能か判断します。
MTAセメントによる治療をご希望されても、歯髄を残すことができない可能性もあることをご理解いただく必要があります。

*

根管治療の流れ

  • *
    治療時の感染を予防
    治療時に唾液や歯石などの飛沫が歯の中に少しでも入り込むと、再感染のリスクが高くなり再治療が必要になります。治療対象となる歯のみを露出させて細菌の侵入を防ぐためのゴム状シート「ラバーダム」を使用し、徹底した感染予防を行っています。
    1
  • *
    根管の清掃・消毒
    歯を削って根管を露出させ、細菌感染した歯髄(神経や血管)や歯根の先に溜まった膿などを取り除いていきます。膿を完全に取り除いてから消毒を行い、複雑なかたちをしている歯の根の中の形を整え、隅々まで消毒液を入れて蓋をします。
    この作業を、完全に消毒できるまで繰り返します。
    2
  • *
    充填剤で密封

    歯の神経の管を消毒した後に、充填剤(薬剤)を入れて密封し、細菌や空気の入る余地を減らします。
    歯の神経がなくなった歯は再感染しやすく、管の中に空気が入ってしまうと痛みを感じたり再感染の恐れがあるため、薬剤で密封し、細菌の入る余地を無くします。

    MTAセメント

    充填剤にMTAセメントを使用することで、治療期間を短く、治療後の再発のリスクを低くすることができます。

    3
  • *
    レントゲンで確認
    歯の根の中に薬を入れた後、レントゲン撮影をして根の先までしっかり充填剤が入っているか確認します。
    ぴったりと隙間なく薬剤が入っていないと痛みや再感染の原因となるため、再度入れ直すこともあります。
    4
  • *
    被せ物の装着
    レントゲン撮影をして、歯の根の中に完全に薬が入っていることが確認できたら、土台となるコアを入れ、被せ物(クラウン)を装着し、治療終了です。
    5
  • *
    メインテナンス
    残った歯を健康に保つためにも、ご自宅での毎日のケアはもちろんのこと、歯科医師によるメインテナンスや歯科衛生士によるクリーニングを定期的に受けることをおすすめします。
    治療後の健康維持のためにも、ぜひ定期検診にお越しください。
    6

MEDICAL

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る