MEDICAL

小児矯正

*

*

お子さまの歯並び
気になる方は
早めにご相談ください。
小児の早期矯正治療は単に”歯並びを整える治療”ではなく、お口や顎を”正しく成長・発育させる”ことを目的としております。
早期に治療を開始する大きなメリットは、顎の成長を利用するため歯を抜かない矯正治療を選択できること、痛み・費用・見た目からくる精神的な負担が少ないことです。相談から受け付けておりますので、気軽にお問い合わせください。

小児矯正には
早い気づきが有利

CHECK
お子さまを見て気になることは?
お子さまの口元チェック
  • 乳歯の時点で歯の隙間がない

  • 下の歯が上の歯よりも前に出ている(受け口)

  • 乳歯が生え変わる時期になっても歯の隙間がない

  • 常に口が開いている(開咬)

  • あごの形または歯の並びがVの字

  • 上あごの前歯が突出している(出っ歯)

  • 両親とも歯並びが悪い、矯正の経験がある

  • 左右のあごがずれているように見える

  • 4歳以上になっても指しゃぶりをしている

  • 顔がゆがんでいる、もしくは左右非対称

一つでも当てはまる方は、
ぜひ一度歯科医院へお越しください!

*

早期発見・早期治療によって、
お子さまの歯並びを”治す”だけでなく”悪くさせない”
保護者さまの仕上げ磨きは、虫歯予防はもちろん、歯並びなどの異常にもいち早く気づくことができる良い機会です。そこで異変を早期発見し、お子さまの矯正治療が早期に開始できれば、きれいな歯並びだけでなく正常な発育や呼吸を身につけることができます。
ただ、お子さまが小さい時点では判断が難しいことも多いと思います。そのためにも宝塚ライフ歯科・矯正歯科では日本矯正歯科学会認定医による無料矯正相談も受け付けておりますので、気軽にご相談ください。

日本矯正歯科学会認定医
による
矯正相談

費用は? 痛い? いつから?
矯正治療はお子さまに合い、保護者さまも安心して頼れるクリニックを探すことが最も重要!
宝塚ライフ歯科・矯正歯科では、気軽に無料でご相談いただけます。
(セカンドオピニオン的にご相談いただいても大丈夫です。)
無理に矯正治療を勧めることはありません。患者さまの立場にたったアドバイスをさせていただきますので、安心してご来院ください。
無料矯正相談のご予約・お問い合わせ
  • 電話番号
  • WEB予約
  • メール相談・お問い合わせ

悪い歯並びの原因・影響

どうして歯並びが悪くなるの?

こんなことも歯並びに
影響します
  • 哺乳瓶の種類
  • 卒乳の時期
  • ストローマグの長期使用
  • 寝相 うつ伏せ・横向きなど
  • 癖 指しゃぶりなど
一見、歯並びに関係なさそうな事も、
実はあごの発育に関係して
歯がきれいに並ばなくなる
原因になっている事があります。

歯並びは治さないといけないの?

悪い歯並びで
こんな影響が出ることも
  • *

    あごに負担がかかるので
    顎関節症になりやすい

  • *

    よく噛めず丸呑みするので
    肥満になることも

  • *

    よく噛まないので
    あごの成長不足につながる

  • *

    きちんと歯磨きできず
    虫歯や歯周病の原因に

  • *

    発音や滑舌が悪くなり
    人前で話したがらない

  • *

    見た目のコンプレックスを
    抱えて消極的な性格に

歯並びが悪いことで、心身のトラブルのきっかけになることもあります。
*

矯正治療を始めるタイミング

5才〜8才START

前歯が生え揃い、あごが自ら広がる5~8歳から
小児矯正を始めるのがベスト!
この時期はあごが自ら広がり、歯の背中を押してあげるだけで広げたり動かす事が可能です。
また、容姿が気になりだす時期で些細なこともコンプレックスに感じ、特に心へ与える影響が大きく、お子さまの心と体の健やかな成長のためも、思春期に入る前に歯並びを整えることがベストと言えます。
子どもの矯正治療は1期治療と
2期治療の2段階で行います
  • 1期治療乳歯〜生え替わり時期の6~12才頃
    乳歯と永久歯が混ざった時期(混合歯列期)に治療を行います。
    成長段階に治療するので、歯列の幅を広げることも、顎の成長を促進・抑制することもでき、土台からしっかり整えられます。取り外しできる装置を使用することが多いため負担も少なく、痛みもほとんどありません。
  • 2期治療永久歯が生えそろう12才以降
    永久歯が生え揃った頃を目安に治療を始めます。
    この治療に年齢制限はありませんが、歯や体へかかる負担を軽減するためになるべく早く治療を始めることをお勧めしています。
    きれいでしっかり噛める歯並びと口元を整える治療を行います。
小児期から矯正治療を
開始するメリット
  • *

    顎の成長・発育を
    正しく促すことができる

  • *

    悪い歯並びの原因でもある
    悪癖改善で後戻りも予防

  • *

    取り外せる装置なので
    学校生活も安心

  • *

    歯磨きしやすくなるので
    虫歯ができにくくなる

  • *

    抜歯や手術の必要がない
    方法を選択できる

  • *

    成人矯正と比べて金額が
    約半額になる場合もある

お子さま本人への負担や、
経済的負担を軽減できます。

症状に合わせた
最適な小児矯正治療

当院で扱う小児矯正治療
  • *
    歯列矯正用咬合誘導装置
    お子さまのお口の成長をりようして受け口や出っ歯の治療に使用するマウスピース型の矯正装置です。お子さま自身で毎日装着して矯正を行わなくてはならないため、本人のやる気、ご家族の協力が必ず必要です。
  • *
    拡大床
    9歳でほぼ大人に近いところまで成長するといわれる上あごを、その名の通り拡大する=拡げることで歯が並びきれるようにする装置です。
    永久歯が生えるスペースが足りない場合、上あごが最も成長する6〜8歳ごろに使用すると効果的です。
    取り外し式の装置のため、ご家庭での協力が必要です。
  • *
    顎外矯正装置
    口内ではなく顔の外に付ける矯正装置です。
    骨格のタイプや前方成長(受け口、出っ歯など)を制御したい方向に応じて、頭に付ける装置、首の後ろに付ける装置などを使い分けます。
    主に成長期のお子さまに使用し、夜間・就寝中に装着していただきます。
    初めは違和感があることも多いようですが、慣れれば問題なく眠れます。
しっかり歯並びを治す ワイヤー&ブラケット矯正

小児矯正治療の流れ

  • *
    矯正相談(無料)
    矯正治療の費用や期間、大まかな流れをお伝えします。
    西宮市・伊丹市からもアクセスしやすい宝塚の歯医者・宝塚ライフ歯科・矯正歯科では、日本矯正歯科学会認定医も在籍し無料矯正相談に応じていますので、気になることは何でも気軽にご相談ください。
    1
  • *
    精密な検査
    お子さまの歯並びやあごの状態を把握するために、お口や顔の写真撮影や歯型の型取り、レントゲン撮影などを行います。
    2
  • *
    診断結果のご説明
    検査後、約1~2週間後に診断結果のご説明し、お子さまのお口に最適な矯正治療法をご提案します。
    十分に理解・納得していただいてから治療を開始いたしますので、疑問や不安に思うことは何でもご質問ください。
    3
  • *
    矯正治療を開始します
    矯正治療にあたっての注意事項などをご説明します。
    矯正治療を開始後は、基本的に2か月に1回程度来院していただき、経過をみていきます。
    マウスピースなどの矯正治療は、お子さま自身で装着していただくため、お子さまのやる気・協力度が非常に重要です。装着時間が短いと治療効果が少なくなりますので、お子さまも納得して治療を開始することが大切です。
    お子さまによっては、1期治療後に2期治療(ブラケット矯正)を行うこともあります。
    4

MEDICAL

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る