ブログ&コラム

BLOG & COLUMN

*

*

仕上げみがきのコツ

仕上げみがきのコツ✨
.
.
毎日の仕上げみがき、お子さんは嫌がらずにできていますか??
.
キレイに磨いてあげたい気持ちが大きいほど、ついつい歯ブラシを持つ手に力が入り、
必死な気持ちが大きくなるほど真顔でお子さんのお口の中を覗いてしまいがち。
でも、痛くて怖い歯磨きではお子さんも嫌がる要素が増えてしまいますよね。
小さなお子さんの場合は、なるべく楽しく!気持ちよく!短時間で!を意識しておこなってみましょう😉
.
.
痛みを感じやすいポイントは3つ
.
○歯ぐき
歯ブラシの毛や柄の部分が歯ぐきに強く当たると痛みを感じます。
歯だけを狙って、歯ブラシが少ししなる程度の優しい力で磨いてあげてくださいね。
.
○上の前歯の近くにある唇のすじ(上唇小帯)
すじ(小帯)を保護するように指でカバーして磨いてあげましょう。
.
○口角
奥歯を磨く時に口角を横に引っ張ると伸びにくくて痛いので、
口角の少し上、または少し下方向に引っ張るようにしましょう。
.
仕上げみがきの体勢は、お子さんにゴロンと寝転んでもらえるとお口の中がよく見えますが
嫌がる場合はこだわらず、椅子に座ったまま、お膝の上で。。。
などなど嫌がらずにできる体勢を試してみましょう👶
.
.
なかなか磨かせてくれない時は、
絵本を読んだり、手遊び、歯医者さんごっこ、歌を歌いながら…など遊びの延長から入るのもオススメです。
足や手などお口から遠いところを触ったり、くすぐったりしながら、リラックスしてきたタイミングでお顔やお口の近くを触ると力が抜けていて磨きやすいこともありますよ。
.
2歳くらいまでは、お子さんの機嫌によってなかなかキレイに磨けない日もあるかと思いますが、
成長に伴って落ち着いてくることがほとんどです。
.
是非、検診にお越しになられた時にはお子さんの好きなもの、好きなこと、衛生士にたくさん教えてくださいね!
お子さんが楽しく歯磨きできる方法を一緒に探していきましょう👐
ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る