ブログ&コラム

BLOG & COLUMN

*

*

どうしてむし歯になるの?

 

むし歯はどうしてできてしまうのか、正しく知って”むし歯リスク”を減らしましょう💪✨

.

むし歯は、歯垢の中のバイ菌(ミュータンス菌)が作り出す酸によって、少しずつ時間をかけて歯を溶かし、むし歯を作ってしまうのです😈😱

そしてミュータンス菌はお砂糖が大好物😈😋

砂糖を食べると活発になり、歯を溶かしてしまう酸をたくさん作ってしまいます💦

.

まだ歯の弱い生え変わり期の方やブラッシング不足になりやすい歯並びの悪い方はむし歯リスクがあがってしまいます。

.

.

.

むし歯にならないためにはどうすればいいの~⁉と思った方は、こちらに気を付けてみてください😉

.

①飲食の回数を決める!

むし歯予防で一番大事だとされているのは、飲食の回数をまとめることです。

何回にも分けて飲食をせずに回数を減らしまとめることによって、口内の酸が増えるタイミングを少なくしてむし歯リスクを減らしましょう!

.

②フッ素やミネラルを補うケア用品でホームケアをしましょう!

小学3年生までは、仕上げ磨きが必要です。また、特にむし歯になりやすい歯間はフロスを使うとよりベストです👌

ケア用品には様々な種類がありますのでご自身に合ったケア用品が分からない方は、歯科医院でぜひご相談ください😊

 

.

③歯科医院でプロフェッショナルケアを受けましょう!

手磨きでは残念ながら約6割しか汚れを落とすことができません💦

定期的に歯科医院で専用の機械や歯科材料を使ってキレイにすることが大切です🌟

 

食生活の見直し、ホームケア用品の使用、そしてプロフェッショナルケアをしっかり取り入れてむし歯リスクを下げましょう✊”

 

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る